faxを一斉送信するための操作方法

今では会社のみならず家庭にも設置されているfaxですが、faxを想像すると電話回線を利用して電話機能が備わった通信機器を思い出します。しかし世の中にインターネットが普及した今、多くの企業が昔のようなfax通信機器でなくパソコンを利用してfaxの送受信を行い、しかも送信したい複数の相手に一斉送信しています。この方法を行うため必要となるものは、インターネットができる通信環境とパソコン、そしてfaxの一斉送信対応ソフト及び専用モデムを用意するだけです。このソフトの特徴は、送信先が従来のfax機器やコピー複合機を使用していても送受信できますから安心です。インターネットfaxの一斉送信方法を簡単に説明すると、パソコンで作成した総会開催案内文書を取引先20社に送信する場合、内容入力画面に作成文書をインプットし送信先を選定するだけです。誰でも簡単迅速に複数の送信先にfaxを届けることが可能となります。

インターネットでfaxを一斉送信するソフトの使い方

パソコンからインターネットfaxの専用ソフトを利用した一斉送信の具体的な手順について解説します。まずfaxを一斉送信する専用ソフトは各メーカーより発売されており、初心者用としてパソコンでソフトを使用することが苦手な人には、音声ガイダンスが装備され簡単操作で送信、受信ができるソフトから複数台のパソコンをモデムひとつで対応管理するものまで様々なタイプがありますから、使い方に応じて選ぶことができます。基本的なパソコンからの一斉送信の手順は、ソフトを開きfax送信を選択、次に送信内容を入力することとなります。その時のポイントはパソコンで作成したワード文書やエクセルデータ資料、また画像ファイルのJPGやGIFなどを正確に送信するにはPDFファイル形式に変換し入力することをおすすめします。入力完了したら送り先の選定です。以上の手順だけで複数の相手に一斉送信が可能となり、所要時間が大幅に削減します。

通信端末機器を使ってfaxを一斉送信する方法

通信端末機器を使ってfaxを一斉送信する方法は、従来の電話回線を通じたfax機器の利用を考えてみると大変に困難です。同時に一斉送信することは回線の特性から不可能と考えます。1件毎の送信となり多大な時間と労力がかかってしまいます。従ってfaxを複数の相手先に一斉送信する方法は、インターネットを利用しパソコンやスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器からとなります。但し、その際の対応には専用ソフトやサービスの利用が必要となってきます。一斉送信のソフトの利用は普段パソコンを仕事や自宅で使っている人であれば特段、難しいことはないと考えます。しかしながらソフトの利用が苦手という場合、専用ソフトを利用しない操作対応があります。その方法はインターネットfaxのサービス業務を提供している企業を利用すればfaxの一斉送信が簡単に実行できるのです。自分に適した一斉送信方法を選ぶことが大切と考えます。