faxを一斉送信するための準備

以前からfaxを使った宣伝活動方法は注目を集めています。faxDMは宣伝を行う方法で、郵送を使ったダイレクトメールよりも紙を使うことがなく、印刷もしなくてよい為、宣伝費用が安く抑えられるというメリットがあります。またメールを使用したダイレクトメールと比べても、誰かの目に留まる確率が高いことから、効果が上げやすいのです。しかし、このようなfaxを使って宣伝活動を行う場合、相手先に1件1件送信するのは非常に面倒です。そのためfaxDMを専門に扱う業者に依頼することも一つの方法です。ただし、こうした業者に依頼するためにはある程度の費用が必要となってしまいます。費用を節約するためにはやはり自社で行わなければなりません。自社で行う場合はまず一斉送信の機能があるかどうかが重要です。faxは機種によって一斉送信機能があるかどうかが違うため、こうした機能をもつfax機器を用意しなければなりません。

一斉送信の機能が使用可能なfaxとは

同じ原稿を複数の相手にfaxで送信したい場合、一斉送信ができるfax機器であることが必要です。従来のfax機器には一斉送信の機能がない場合もあります。最近ではfax機器を必要としないインターネットfaxも多く使用されています。インターネットfaxは、インターネットの回線を使用しており、faxの機器が必要ない他に、パソコン上で送信の操作や受信の確認を行うことができます。送られてきたfaxをパソコン使用しPDFで確認し、必要なものだけをプリンターで印刷することができるため、コストを削減できるため近年ではfaxの主流となりつつあります。インターネットfaxの場合一斉送信の方法はパソコンの画面上であらかじめ登録してある連絡先から送信したい相手を選び、送信したいデータを添付するだけで完了します。ただし一斉に送信できる件数はどの業者のものを使うかによって異なるため注意が必要です。

fax機器を使った一斉送信の方法と事前準備とは

fax機器を使用して同じ原稿を複数の相手に一斉送信を行いたい場合、使用する機種によってその手順は異なります。機種によっては事前に送信先の電話番号を電話帳に登録しておく必要があるものもあります。登録を行っておくことで、電話帳からを送りたい相手を選択するだけで複数の相手に対して同時にfaxを送信することが可能です。また、手入力で電話番号を入力し、一斉送信することが可能な機種もあります。faxの一括送信は同時送信という機能名で入っていることが多く、メニューや設定変更、便利機能などといった場所から同時送信を選択することができます。送信する相手を選択した後は原稿の読み取りを行い、送信ボタンを押すと送信することができます。原稿の送信が全て終わると、同時レポートというものが印刷されます。同時レポートは送信できなかった相手先が一目わかるようになっているため、送信後は確認することが必要です。